亀梨和也NHKドラマ初主演・正義の天秤第5話(最終話)ネタバレ考察。千葉雄大との競演

UーNEXT正義の天秤 国内ドラマ

 

亀梨和也(KAT-TUN)が弁護士として戦うNKHの「正義の天秤」が10月23日に最終回を迎えました!

千葉雄大との競演、圧巻の法廷シーンに視聴者も釘付けでした。

「正義の天秤」見逃し配信を無料視聴する方法

U-NEXTでNHKオンデマンド『まるごと見放題パック』を契約すれば、見逃した『正義の天秤』が好きなタイミングで見放題!
『まるごと見放題パック』は、U-NEXT初回登録時に付与される1,000ptを利用して実質0円でをお試しできます。
タイトル 配信会社 配信状況 無料期間
正義の天秤UーNEXT正義の天秤 U–NEXT 2重丸見放題 31日間無料

第5話のストーリー

少女監禁誘拐殺人事件の犯人・南野一翔が、鷹野(亀梨和也)に弁護を依頼する。南野は罪を認めており、争点は無期懲役か死刑かの一点。

担当検事は一ノ瀬(萩原聖人)。鷹野は、調査の中で、南野が父親の虐待から逃れるために改名していたことを知る。

南野の公判、天才弁護士・鷹野と検察庁のエース・一ノ瀬の火花を散らす弁論が展開される。

そして、全ての真相が明らかとなった時、鷹野は弁護士生命をかけた大きな決断をする…。

NHK公式サイトより

 

少女誘拐殺人事件の犯人・南野 一翔は、担当となった芽依ではなく、鷹野に弁護を依頼します。

接見に訪れた鷹野は、南野の左手の薬指が欠損していることに気が付きます。

そのことを尋ねると、南野は以前万引きをした際に父親に切落されたと語りました。

彼は父親からひどい虐待を受けていたのです。

師団坂法律事務所に戻った鷹野は、久美子が残した安倍川事件の調査資料の存在を知ります。

久美子は、犯人がなぜ当時2階にいた娘まで殺害したのか、なぜ又吉はしきりに100円玉を気にしてるのかを疑問に思っていました。

翌日、冨野から久美子が肺炎の疑いで入院したと連絡を受けます。

再び接見に訪れた鷹野は、南野が過去に犯した万引きから、彼が父親の虐待から逃れるために改名していたことを知ります。

改名前の名前は、「木村 英之」。

南野こそが安倍川事件の真犯人だったのです。

南野は四方田一家の娘にいたずらをしようと少女の部屋に忍び込み、抵抗したため殺害。

それを目撃した両親も手に掛けたというのが、安倍川事件の真相でした。

そして、100円玉にわざと被害者の血液を付着させ、道端に落としておきました。

拾った人が疑われるようにするための工作です。

それを拾ったのが、冤罪で死刑となってしまった又吉 学だったのです。

真実を明らかにした鷹野に対し、南野は左薬指の欠損について、本当は安倍川事件の被害者の少女に噛まれたため、仕方なく自分で切り落としたのだと語りました。

そして、真相に近づき始めた久美子を襲ったことも認めます。

芽依は、全く反省の色を見せない南野の弁護を続けるのかと鷹野に問います。

「俺には俺のやり方がある」と語った鷹野は、主任検事の一ノ瀬の元を訪れました。

一ノ瀬は、当時安倍川事件の主任検事に100円玉を証拠として裁判に提出するように言ったが、受け入れてもらえなかったといい、南野は死刑にすべきだと怒りを露わにします。

過去の事件を暴けば心証が変わり、死刑に出来るかもしれません。

しかし桐生は、それでは弁護士ではいられなくなってしまうと危惧していました。

翌日、師団坂法律事務所に鷹野の姿はなく、彼のデスクには赤いスーパーボールがひとつ残されていただけでした。

そしてルーム1の面々が見守る中、ついに公判が開かれます。

被害者の母は南野に死刑を求め、鷹野に対し、同じように愛する人を奪われたら犯人を許せるのかと問います。

鷹野は、絶対に許せない、自分も南野は死刑になるべきだと思うと答えます。

その胸に弁護士バッチはありませんでした。

苦悩の表情で下を向いた時、久美子の残したメモが目に留まります。

そこには、「鷹野ならいい弁護士になれる」と書いてありました。

鷹野は久美子と河川敷でキャッチボールをしていた時、同じことを言っていたのを思い出します。

「鷹野なら、きっとできる」―――久美子のその言葉を受け取った鷹野は顔を上げ・・・。

 

ゲスト

南野 一翔 旧:木村 英之(千葉 雄大)


少女監禁誘拐殺人事件の犯人。

殺人容疑について全面的に認めており、量刑について争われます。

父親からの虐待から逃れるため、過去に「木村 英之」から「南野 一翔」に改名していました。

原作とここが違う!

・南野の最初の担当弁護士

ドラマでは芽依でしたが、原作では杉村が担当していました。

そこに経験を積みたいと考えた芽依が加わります。

 

・弁護士が代わった理由

ドラマでは、南野が鷹野を指名したことで変更となりました。

しかし原作では、杉村と芽依が南野の左薬指の欠損に気付けなかったことで、鷹野の方から「自分がやる」と言い出し、変更となりました。

 

・久美子の資料

ドラマでは師団坂教会で発見されましたが、原作では芽依が久美子の自宅へ足を運び、彼女の自室で見つけています。

 

・南野の自供

原作では、最初の公判で南野の左薬指について触れ、彼の家庭環境の凄惨さを印象付けました。この日はそこで終了しています。

その後、本来の担当者であった杉村が、最後に一度会っておこうと南野に接見します。

裁判が有利な方向に傾いていると感じた南野は上機嫌でした。

そして、左薬指は父親ではなく自分が切り落としたこと、100円玉に血痕を付着させて誰かに罪をなすりつけようとしたことを語ります。

 

・鷹野の今後

ドラマでは師団坂法律事務所を去りますが、原作では在籍しています。

ドラマは終わってしまいましたが、原作では今後も鷹野たちルーム1の活躍がみられるかも!?

ここが見どころ!

・「鷹野くんなら、きっとできる」

最終話のキャッチボールのお相手は、恋人の久美子でしたね!

久美子は鷹野に対し、「どんな患者さんでも大切にできるから、いい弁護士になれる」と言います。

そして「鷹野くんなら、きっとできる」と言って、鷹野へボールを投げます。

それはまるで、久美子から鷹野へ、弁護士としての道を託すバトンを渡しているようでした。

 

・南野 一翔役・千葉 雄大の演技力

真相を明らかにされた際、南野は秘めていた狂気を覗かせます。

その時の千葉 雄大さんの演技は、まさに秀逸!

うつろな瞳で浮かべる不敵な笑みは鳥肌ものでした・・・!

おわりに

「正義の天秤」、ついに最終回を迎えました!

1人の人間として南野を死刑にするか、1人の弁護士として南野を救済するか。

様々な苦悩と葛藤の末、鷹野は大きな決断を下します。

その道のりは遠く険しく、決して平坦ではないでしょう。

しかしその選択は、鷹野だからこそ出来たものと言えます。

「弁護は治療だ」という信念を貫いた鷹野の思いは、きっと久美子に届いたことでしょう。

それに応えるように、久美子は徐々に回復へ向かう兆しが・・・。

「鷹野くんなら、きっとできる」と信じたことは間違っていませんでしたね!

5週にわたり放送された「正義の天秤」、いかがでしたか?

全話を通し、「正義とはなにか」を問い続けていましたね。

1人の弁護士としての道を選んだ鷹野の背中を見たルーム1の面々は、今後どのように成長し、依頼人と向き合っていくのでしょうか。

原作の全11話から厳選したストーリーがドラマ化されましたが、原作にはそれ以外にも心を揺さぶられるストーリーが詰まっています!

ドラマとはまた違った鷹野たちの活躍を見たい方は、こちらも要チェックです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました