【真犯人フラグ】第2話|主演西島秀俊・日テレ期待!秋の大型ドラマ

【真犯人フラグ】第2話 国内ドラマ

 

はじめに

終盤で凌介の元に「お探しのものです」と張り紙のされた荷物が届きました。

その中には、息子と同じユニフォームを着た遺体が冷凍保存されていた・・・という驚愕の展開で幕を閉じた第1話。

怒涛の展開にドキドキハラハラが止まらない「真犯人フラグ」ですが、第2話では一体どんなことが待ち構えているのでしょうか!?

凌介は、消えてしまった家族の足取りを掴むことができるのでしょうか!?

それでは早速、第2話のストーリーを見ていきましょう!

第2話ストーリー

職場に届けられた荷物に入っていた冷凍遺体は、篤斗のものではありませんでした。

死後5年が経過しており、その間ずっと冷凍保存されていたのです。

生きていたら凌介の娘・光莉と同い年くらいであることから、警察は光莉の過去の関係者ではないかと疑います。

発送先も特定され、魚市場からであることが判明しました。

無関係の人物が市場の配送センターから荷物を発送するのは不可能のよう。

 

マスコミのインタビューに答えた「至上の時」店主の日野でしたが、都合のいいように編集されてしまっていました。

本の保管のために借りているトレーラーハウスについてSNS上では、そこに監禁しているのではないかという憶測が飛び交っていました。

翌日、YouTuber・ぷろびんがアップした動画によって職場が特定され、カスタマーセンターはクレームや問い合わせの電話で大荒れ。

事態を収拾するには、凌介の家族が見つかることだと考えた瑞穂は、家族を探す手伝いをすると宣言します。

職場や自宅にいたずらが相次ぎ、郵便受けには凌介を非難するビラが大量に入っていました。

地面に散らばったビラを集めていた凌介は、真帆のママ友の菱田に声を掛けられます。

引っ越してきたばかりの時に真帆に声を掛けてもらったことが嬉しかったと語った菱田は、

凌介に協力を申し出ました。

菱田に励まされた凌介は家に戻り、家族団らんの時間を思い出していました。

それをかき消すようにインターフォンが鳴りますが、誰もいません。

職場に凌介の新居を担当する住宅メーカーの林が訪れ、このまま工事を続けるかと尋ねます。

続けると答えた凌介に、林は「絶対帰ってきます!」と励ますように告げ、去っていきました。

 

その夜、凌介は瑞穂を誘って「至上の時」を訪れ、日野、河村を交えた4人で事件について考えます。

瑞穂は、配送トラックのドライブレコーダーに手がかりが残っているかもしれないと言い、映像を見せてもらえないかと頼みました。

しかし案の定受け入れてもらえず、夜に安全管理部に忍び込み、データを入手します。

そんな中、YouTuber・ぷろびんは炊飯器失踪についての考察動画の視聴回数に着目し、新たな動画を公開しました。

その内容は、亀田運輸が実は裏で人身売買をしており、凌介が家族を売って誘拐をでっちあげたというものでした。

一方、近所を散歩していた猫おばさんは、公衆電話で怪しげな人物を目撃します。

凌介のもとに林から連絡があり、新居に何か埋まっていると匿名の電話があったため、一緒にきてほしいと言います。

白い猫がしきりに鳴く先にあったのは、基礎コンクリートに埋まったローファーのつま先でした。

凌介の脳裏に、ローファーを履いた光莉の姿が過ぎります。

そんな中、橘のもとに「たすけて」というメッセージが届き・・・!?

 

真犯人フラグ

では次に、ストーリーの中で怪しげな言動をしていた人たちをご紹介します!

 

①望月 鼓太朗

冷凍遺体が入っていた荷物に付いていた指紋は、凌介の他には彼ひとりでした。

そして、遺体の特徴である2つのホクロ。

彼の頬にも同様に2つのホクロがあります。

望月と冷凍遺体の少年は、兄弟だったのではないでしょうか?

 

②本木 陽香

第1話で凌介の家族が失踪した日、駅で彼に接触してきた正体不明の女性。

第2話ではセレモニースタッフであることが分かりました。

無表情でひたすらリンゴを剥く姿は少し恐怖を覚えます・・・。

 

③橘 一星

第1話に引き続き、怪しさ満載ですね!

同僚の女性・相川が様子を窺うように炊飯器失踪のことを尋ねた際、わざと明るく振る舞うようにして話題を逸らしました。

橘は、光莉と付き合っているのではないかと考えます。

そして、相川もそれを知っていたからこそ「炊飯器失踪の女子高生は、橘の彼女じゃないのか?」と聞こうとしたのではないでしょうか。

それならば第1話で炊飯器失踪が話題となった時に顔色を変えたのも頷けます。

家族団らんのシーンで「彼氏」の話題に触れたのも、その伏線だったのです。

そして終盤で送られてきた「たすけて」のメッセージは、彼女である光莉からのSOSでしょう。

 

④小幡 由美

頻繁にカスタマーセンターへクレームの電話をしてくる女性。

ビジュアルポスターの左上に黒塗りの人物がいますが、分かるのはショートカットということだけ。

性別も判別しづらくなっています。

しかしわずかに見える髪で判断すると、男性陣はしっかりセットされた髪型ですが、この人物はストレートのよう。

この中で綺麗なストレートなのは女性陣ばかり。

よって、この人物は女性なのではないかと考えます。

作中で顔が明かされておらず、第1話から登場し、名前が判明しているのは彼女だけです。

 

真帆たちの足取り

防犯カメラや配送車のドライブレコーダーの映像などから判明した真帆たち3人の足取りを整理してみましょう。

 

16:17  光莉の姿を駅の防犯カメラにて確認。

16:45  篤斗の姿を通学路の防犯カメラにて確認。

17:13  真帆の姿をスーパーの防犯カメラにて確認。

17:18  真帆、篤斗、光莉らしき人物が傘を差して歩いている姿を、

      配送車のドライブレコーダーにて確認。

17:30頃 篤斗が忘れ物をしたため、サッカー教室を訪れたとコーチ・山田が証言。

 

ドライブレコーダーに映っていた人物が真帆だとすると、スーパーを出てすぐに子供たちと合流したことになります。

しかしその後、篤斗がひとりでサッカー教室を訪れました。

どう考えても不自然ですね。

第3話予告

警察が駆けつけ、新居の基礎コンクリートに埋められていたローファーを掘り出す作業が行われます。

瑞穂は凌介に、配送車のドライブレコーダーに残されていた映像を見せます。

そこは、赤い傘を差した真帆らしき女性が、篤斗の手を引いていました。

その後ろを歩いているのは、光莉によく似た女子高生です。

しかし真帆と光莉の姿ははっきりと捉えられていません。

そんな中、ある事情で上司の井上から新居の建築を止めさせるよう指示を受けた林から、再度中止するよう勧められますが、凌介は聞き入れません。

そして見知らぬ男から、事件について話したいことがあるというメッセージを受け取ります。瑞穂と相談した結果、「至上の時」で会うことになりました。

そこに現れたのは、ベンチャー企業「プロキシマ」の社長・橘 一星でした。

彼は、真帆たちが誘拐されたと断言し、その犯人に心当たりがあると言い出し…!?

おわりに

冷凍遺体同様、新居のコンクリートに埋まっていたローファーは光莉のものではないのでしょう。

では一体、誰のものなのでしょうか?

職場の課長・太田黒の「皆が迷惑しているんだ!」という凌介を責める言葉に対し、瑞穂が「皆に迷惑を掛けることと家族の命は天秤に掛けられるものじゃない」と声を荒げたシーンは胸アツでした・・・!!

さて、ついに真帆たち3人の最後の足取りが掴めましたね!

謎が謎を呼ぶ怒涛の展開に目が離せません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました