亀梨和也NHKドラマ初主演・正義の天秤第4話ネタバレ考察。今回のゲストは吹越満さんです。

正義の天秤第4話 国内ドラマ

 

【正義の天秤】第4話

4年前に娘の宮地灯里を殺された父・幹雄(吹越満)が、犯人の松田晴登を殺害した復讐殺人の公判が迫っている。

担当検事が検察のエース・一ノ瀬(萩原聖人)に急きょ代わったことを不審に思う中、芽依(奈緒)と桐生(大政絢)は、同僚の渋川孔太が本当の殺害犯ではないかと再調査を進める。

一方、鷹野(亀梨和也)は、長谷川検事(高橋克実)から告げられた、安倍川事件に関わる「キムラヒデユキ」なる人物を探して、静岡を訪れる

土曜ドラマ「正義の天秤」公式サイトより

公式サイトはコチラ

「正義の天秤」見逃し配信を無料視聴する方法

U-NEXTでNHKオンデマンド『まるごと見放題パック』を契約すれば、見逃した『正義の天秤』が好きなタイミングで見放題!
『まるごと見放題パック』は、U-NEXT初回登録時に付与される1,000ptを利用して実質0円でをお試しできます。
タイトル 配信会社 配信状況 無料期間
正義の天秤UーNEXT正義の天秤 U–NEXT 2重丸見放題 31日間無料

 

第4話のストーリー

鉄工所で松田  晴登という男性が殺害され、犯人として宮地 幹雄(吹越 満)が逮捕されます。

宮地は、4年前に松田によって高校生の娘・灯里の命を奪われていたのです。

マスコミはこの事件を復讐殺人としてセンセーショナルに報道します。

宮地の弁護を担当する事になった芽依と桐生ですが、宮地は「弁護はいらない、死刑にしてくれ」と繰り返すばかり。

取りつく島もありません。

公判に向けて準備を進める中、担当検事が一ノ瀬に変更されたと連絡を受けます。

芽依と桐生が、第一発見者で被害者の友人である渋川 孔太に話を聞いている途中に一ノ瀬が現れ、2人は不審に思います。

宮地の調書と死体検案書に食い違いがあることに気付き、検察は渋川を真犯人だと疑っているのではないかと考えました。

一方、鷹野は久美子が以前務めていた静岡の法律事務所を訪れ「キムラヒデユキ」が殺人罪で控訴中だと知らされます。

そこでキムラに接見し、彼を無罪にすると言い出しました。

余罪を聞かれたキムラは言葉を濁し・・・。

桐生と共に松田の家を訪れた芽依は、仏壇に置かれたリストバンドに注目しました。

傍におかれた写真では、松田ではなく渋川がリストバンドを身に付けています。

父親の話では、松田の出所後、渋川から贈られたものだそう。

そんな中、久美子の病室に怪しい人物がいたと連絡を受けた鷹野は、すぐさま駆けつけます。

そして、生活の拠点を施設から師団坂教会に移すことにしました。

久美子を襲ったのが安倍川事件の真犯人なら、拘置所にいる「キムラヒデユキ」には不可能です。

鷹野は「キムラヒデユキ」の元を訪れ、彼の弁護を辞退します。

渋川が何かを隠していると感じた芽依は、再度彼に会うため鉄工所を訪れます。

芽依の言葉に渋川は「俺のことを疑っているのか!?」と迫り、荒々しい本性を覗かせました。

渋川に対する疑いを強めた芽依は、法廷で渋川を追い詰めますが、それは一ノ瀬によって仕組まれた罠で・・・!?

冨野は棚の下から、安倍川事件に関する久美子の調査資料を見つけます。

ゲスト

宮地 幹雄(吹越 満)

 

View this post on Instagram

 

YUuKa(@yuu_jeey)がシェアした投稿


4年前、娘・灯里の命を奪った松田 晴登を殺害

マスコミは、復讐殺人としてセンセーショナルに報道します。

弁護を担当することになった芽依と桐生に対し、「死刑にしてくれ」と言いますが・・・。

原作とここが違う!

今回のエピソードは、原作第5話「アメミットの牙」のエピソードでしたね!

今回もあまり原作との違いは少なかったように思います。

 

①担当弁護士

原作では、桐生ではなく、ルーム2の女性弁護士がメインで担当し、芽依は補佐的な存在です。

ドラマでは鷹野の真似をしつつも真実を知るため必死になる芽依の姿に成長を感じます!

ここが見どころ!

・キャッチボールは初の女性!

芽依、桐生に先を越されてしまいましたね!

西園寺とのことを指摘された桐生は、動揺したのかあらぬ方向へ玉が飛んで行ってしまいます。

そんな桐生に投げ方をレクチャー。

そして鷹野は、自分に遠慮せず、桐生の選んだ道を進めと言葉を掛けます。

 

・鷹野の真似をする芽依

鷹野がなにかを思案する時、スーパーボールを投げていますよね。

芽依も同じことをすれば名案が浮かぶのでは!?と彼の真似をします。

ボールは大暴投。しかしひらめきはあったようです!

 

・鷹野と一ノ瀬、一触即発

今回は鷹野と一ノ瀬が対峙するシーンが多い回でしたね!

1度目は検察で、2度目は法廷で、3度目は師団坂法律事務所で。

一ノ瀬は鷹野に協力を仰ぎます。

そうすれば、知っていることを全て話すと。

果たして鷹野の決断は・・・!?

 

・鷹野を追いやるために協力を打診された桐生は・・・!?

かねてより西園寺に鷹野の情報を流していた桐生。

鷹野が安倍川事件について調べていることを知った西園寺は、ついに鷹野を追い出すべく動き出します。

 

第5話はどんなお話?

最終話は、原作・アイギスの盾の第5話「正義の心臓」のエピソードです。

南野 一翔(千葉 雄大)は、少女監禁誘拐殺人事件を起こし、その弁護を鷹野へ依頼します。

全面的に容疑を認めており、争点は量刑です。無期懲役か、死刑か。

南野は過去に父親から虐待を受けていました。

その虐待から逃れるために改名していたことが判明します。

調査を進める中で、その事実を知った鷹野は・・・。

法廷では、担当検事である一ノ瀬を相手に火花を散らします。

全ての真相が明らかになった時、鷹野は大きな決断をしました。

弁護士生命をかけてまで、鷹野は一体なにをするのでしょうか!?

 

まとめ

今回の事件は、娘を殺した松田への復讐殺人ではありませんでした。

父親はただ、大切な娘の名誉を守りたいだけだったのです。

しかし、思わぬ事態に陥ってしまい・・・。

 

次回、ついに最終回を迎えます!

ついに安倍川事件の真相が明らかになりますね!

鷹野と久美子はハッピーエンドを迎えることができるのでしょうか!?

 

最終話は、10月23日(土)21時放送予定です!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました