亀梨和也主演NHKドラマ「正義の天秤」原作との違いなど考察!9月25日放送開始|見逃し無料視聴

正義の天秤 国内ドラマ

 

2021年9月25日からNHKで放送される亀梨和也主演のドラマ「正義の天秤

主演亀梨和也さんが演じる元医師・鷹野和也率いる弁護士チームが、冤罪の悲劇に苦悩しながら、数々の難事件に挑みます。

隠された真相を暴き、人々の魂を「治療」する、新しいリーガル・ミステリーです。

原作は同タイトルの小説が元となっておりますが、人物が相違しており物語は分岐する可能性がありますね。

本ブログでは原作の考察とドラマ化の相違点を記事の下部に丁寧に解説しております。

是非お読みください。

見逃し配信を無料視聴する方法

U-NEXTでNHKオンデマンド『まるごと見放題パック』を契約すれば、見逃した『正義の天秤』が好きなタイミングで見放題!
『まるごと見放題パック』は、U-NEXT初回登録時に付与される1,000ptを利用して実質0円でをお試しできます。
タイトル 配信会社 配信状況 無料期間
正義の天秤UーNEXT正義の天秤 U–NEXT 2重丸見放題 31日間無料

 

亀梨和也主演NHKドラマ「正義の天秤」基本情報

放送:毎週土曜日 21時放送

放送局:NHK綜合

公式サイト:こちら

原作:大門 剛明著「正義の天秤」「正義の天秤アイギスの盾」


脚本:田辺 満(テレビ東京「HERO」)田中 眞一(関西テレビ チーム・バチスタ「ジェネラル・ルージュの凱旋」)井上 季子(テレビ東京「ドラマ 家、ついて行ってイイですか?」)

 

音楽:河野 伸(テレビ朝日「おっさんずラブ」)

 

演出:片岡 敬司(NHK「天地人」)二宮 崇(テレビ東京「ドラマ 家、ついて行ってイイですか?」)

 

主題歌:未発表

 

「正義の天秤」主要キャスト

さすがNHK!と言わんばかりの豪華なキャストが揃った「正義の天秤」。どんなドラマなのでしょうか?

鷹野 和也(亀梨 和也)

 

この投稿をInstagramで見る

 

KAT-TUN(@_kattun_)がシェアした投稿


元医師という異色の経歴を持つ弁護士。

天才的な思考力と推理力で、数々の難事件に挑みます。

 

佐伯 芽依(奈緒)

 

この投稿をInstagramで見る

 

奈緒(@sunaosquare)がシェアした投稿


師団坂法律事務所の創業者の1人娘。

真っ直ぐな性格で、天真爛漫な新米弁護士。

誰より他人に寄り添える一方、感情移入しすぎてしまうことも。

 

杉村 徹平(北山 宏光)


元ニートだが、人生の一発逆転を狙って司法試験を受け、見事に合格しました。

人の心にすっと入り込み、親身になって考えてあげることができる優しい性格。

 

桐生 実雪(大政 絢)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Atsuko Kobayashi(@atsukobayashi)がシェアした投稿


頭脳明晰で容姿端麗な元裁判官。

記憶力、暗記力は抜群だが、融通が利かない面も。

原作では、桐生 雪彦という男性。

 

梅津 清十郎(佐戸井 けん太)

 

この投稿をInstagramで見る

 

OJA(@aoi_sora_natsu_no_sora)がシェアした投稿


人の痛みに寄り添う、元刑事の人情派弁護士。

刑事だった頃の人脈を活かし、刑事事件を得意としています。

 

雨宮 久美子(大島 優子)


明るく正義感が強い弁護士。鷹野の恋人で、彼が弁護士になるきっかけとなった人物。

幼少期、真樹夫に父親の冤罪を晴らしてもらったことで彼に憧れ、弁護士の道を志しました。

8年前、とある冤罪事件を独自調査していたところ何者かに襲われ、意識はあるが、自らの意思で動いたり話したりすることが出来ない状態となってしまいます。

 

一ノ瀬 眞人(萩原 聖人)

 

この投稿をInstagramで見る

 

野中喜雄(@nonakasunhouse)がシェアした投稿


勝訴のためならどんな手でも使う、東京地検のエリート検事。

久美子が追っていた冤罪事件に関わっており、彼女とその恋人の鷹野を警戒しています。

 

西園寺 清隆(竹中 直人)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHOGO SONE(@enosogohs)がシェアした投稿


ルーム3で法務企業を担当する弁護士。

ずば抜けた交渉術と人脈で、師団坂法律事務所の収入を支えている人物。

鷹野のことを面白く思っていないよう。

原作には未登場のキャラクターです。

 

佐伯 真樹夫(中村 雅俊)


師団坂法律事務所の創立者。

多くの弁護士や依頼人から絶大な信頼を寄せられ慕われる弁護士。芽依の父親。

人を治療するような弁護、裁判を行い、刑罰を科すのではなく、治療することで犯罪をなくそうとする考え(ラピューティック・ジャスティス)を理想としていました。

鷹野の弁護士としての師といえる存在。

 

「正義の天秤」原作ストーリー

原作:「正義の天秤」&「正義の天秤 アイギスの盾」

「正義の天秤」は、大門剛明氏の小説 「JUSTICE」が原作です。
「JUSTICE」は2015年8月に初版が出版され、2020年3月に文庫版が出版された際に「正義の天秤」と改題されました。
続いて、2020年8月には続編の「正義の天秤 アイギスの盾」が発売されました。
後者の「正義の天秤 アイギスの盾」は、今回の物語の核となる部分です。

原作者の大門剛明氏の作品

原作者の大門剛明氏は、1974年生まれ。デビュー作の「雪冤」は、2009年に横溝正史ミステリー大賞とテレビ東京賞を受賞。

大門剛明氏は「正義の天秤」のほか、『敗戦弁当 深町大門シリーズ』、『不協和音』を発表しています。

最近では「不協和音」が、田中圭さんと中村倫也さんのドラマとなっています。

原作:「正義の天秤」ネタバレ考察

【第1話 ブレーメンの弁護士たち】

弁護士200名が所属する名門・師団坂法律事務所は、創業者・佐伯真樹夫の亡き後、その経営は逼迫していました。

窮地を脱するべく、真樹夫の1人娘である新米弁護士・佐伯芽依は、「元外科医」という異色の経歴を持つ弁護士・鷹野 和也をニューヨークから招聘します。

師団坂法律事務所はルーム1からルーム5に専門分野を分け、中でも刑事事件に特化したルーム1の全権利を鷹野へ委託します。

着任早々、実績の低い弁護士を「診断」し、基準点に満たない者を「切除」すると言い出します。

その独裁的な方針に反対したベテラン弁護士の上永と対立した鷹野は、ある勝負を持ちかけます。

ある裁判の死刑判決を回避出来れば鷹野の勝利で、その場合は上永には事務所を去ってもらい、死刑判決が出たら上永の勝ちで、鷹野が事務所を去るというものでした。

被告人の藤間純一は交差点に車で突っ込み、1人の青年を死亡させ、事故後、現場から逃走しました。

現場にブレーキ痕はなく、世間では無差別殺人とされ、死刑判決不可避をいわれるほど難しい裁判なのです。しかも被告人は、事件当時の記憶が無いと言い出して……。

果たして鷹野は、死刑判決を回避することができるのでしょうか?

 

【第2話 カルネアデスの方舟】

被告人は保坂 修という元会社員の男性で、退職後に釣りボート店でアルバイトをしていました。

ある日、乗客の倉橋 龍一郎を乗せて釣りに行った先でボートが転覆し、2人は海へ投げ出されました。1つしかなかった浮輪をめぐって争い、その結果、倉橋が亡くなってしまいます。

保坂は、鷹野と面識があり、病気を患っていた彼の息子が、医師時代の鷹野に救われていたのです。

事故当時の状況から、保坂は緊急避難が認められるだろうと思っていましたが、なんと彼の息子は、被害者・倉橋の経営するチェーン店で働いていたことが判明しました。

しかも数年前、重労働に耐えきれず自ら首を吊り、亡くなっていたのです。

この事故は偶然なのか、必然なのか?

 

【第3話 マアトの天秤】

被告人の城之内 匠海は、被害者・村田 真梨という21歳の女子大生を、ストーカーのうえ殺害した容疑で逮捕。

城之内は過去に強姦致死事件を起こしましたが、大手広告代理店の社長である父親にもみ消してもらっていました。その城之内の弁護を依頼してきた彼の父親は、「息子を無罪にしてくれ」と言います。

病気で倒れた前任の弁護人と確執のある桐生は、その申し出を受け入れます。

目撃者もおり、被告人も犯行を認めているこの事件を、桐生はどうやって無罪へ導くのでしょうか?

桐生の過去が明かされ、彼の「正義」が問われます。

 

【第4話 悪魔の代弁者】

被告人は、傷害致死で逮捕され服役していた過去を持つ楠田 隼人で、被害者は山内 愛理沙という26歳の女性。

動機は、楠田の過去の事件で裁判員だった山内が書いたブログの内容です。

そこには、正当防衛を主張した楠田を批判することが書かれており、それが許せなかったため犯行に及んだと語りました。

母親の「優しくて真面目な子」という印象とはかけ離れた派手な容姿の山内に対し、世間からは「自業自得」と言われてしまいます。

しかし担当弁護人の梅津は、山内が最近になって「自分の判断が間違っていたかもしれない」考え、当時の事件について調べていたことを知ります。

 

【第5話 アメミットの牙】

被告人の宮地 幹雄は4年前、被告人である松田 晴登によって、娘の灯里を殺害されていました。

この復讐殺人の担当は芽依の他、ルーム2のエース弁護士・波多野花織と合同で行われることになりました。

宮地は、3,4回殴ったと証言しましたが、遺体には16回殴られた跡があったことが判明します。

宮地が殴った後、松田はまだ息があり、別の誰かがさらに暴行を加え死に至らしめた場合、殺人罪は適用されません。

誰もが逆転の奇跡を確信していましたが、検事・一ノ瀬 眞人の狡猾な罠によって覆されてしまいます。

 

【第6話 正義の迷宮】

1年半前に起きた強盗殺人事件の裁判を担当していた杉村が、検察側の求刑した無期懲役を制し、懲役30年に持ち込みます。

他の弁護士が彼を褒め称える中、鷹野は「司法取引があったのではないか」と疑います。担当検事・長谷川 政尚に問い質したが、「被告人に対し、司法取引を持ちかけた覚えはない」と一蹴されてしまいました。

しかしルーム1の弁護士の一言で、別の可能性があることに気づきます。

そして、鷹野が独自に調査していた過去の冤罪事件について、長谷川検事より有力な情報がもたらされました。

「“キムラヒデユキ”を調べろ」。しかしその連絡の直後、長谷川検事が自殺したとの一報が入ります。

 

原作:「正義の天秤アイギスの盾」」ネタバレ考察

 

【第1話 アイギスの盾】

被告人・萩野 正治は、河本 咲都子を駅のホームから突き飛ばして殺害した容疑で逮捕されました。

杉村は調査を進めるうち、今回の事件が3年前に起きた窃盗事件と関連があることに気づきます。

その事件で逮捕された容疑者・前田 秋寿は、萩野の同僚でした。

彼は無罪だったにも関わらず、検察と警察によってアリバイ潰しが行われていたことが判明。

そのアリバイを証明する鍵を握っていたのは、今回の被害者・河本だったのです。

 

【第2話 黒と白】

桐生の元へ、現在服役中の受刑者・出口 聖大から、「自分の無実を証明して欲しい」と依頼がきます。彼は、桐生が裁判官だった頃に有罪判決を下した人物でした。

当時新聞配達員だった出口は、田代 真菜という女性を殺害した容疑で逮捕され、無期懲役が言い渡されました。

出口と、彼のストーカー行為を証言した被害者の友人・水無瀬 弓花の証言の食い違いに戸惑う桐生の元に、ある小包が届きます。

その中には、血の付いた裁ちバサミと共に、4年前の真犯人を名乗る人物から、罪を告白した手紙が同封されていました。

 

【第3話 手のひらの楽園】

1週間前、郊外にある犬の繁殖所で松浦 郁哉というブリーダーが殺害される事件が発生。

梅津はその事件で容疑者として逮捕された、動物愛護団体の代表を務める中嶋 文子を弁護することになりました。

中嶋は、松浦の経営する「松山ブリード」が無理やり犬を繁殖させているのではと疑い、様子を見に行った際、松浦が血を流して倒れているのを発見。

しかし怖くなって逃げてしまいましたが、その姿を松浦の共同経営者に見られたことが逮捕の決め手となりました。

梅津は無罪を主張する中嶋を救うことが出来るのでしょうか?

 

【第4話 もう一つの正義】

殺害された被害者・川島 鉄二は、30年前に殺人を犯し、出所したばかりでした。

第1発見者で被告人の兵藤 圭太は同じアパートの住人で、現場から彼の指紋が発見されたため逮捕に至りました。

しかし現場には、川島が過去に殺害した事件について、彼を激しく非難する手紙が残されていました。

過去の事件の遺族が犯人ではないかと疑った芽依は、被害者の兄・稲森 有也の元を訪れます。

そして彼の家の庭から、川島の血の付いた凶器が発見されました。

しかし、その裏には検事・一ノ瀬が絡んでいて……?

 

【第5話 正義の心臓】

26年前、静岡で一家惨殺事件が発生しました。被害者は四方田 初彦と、その妻と娘です。

逮捕されたのは、四方田からお金を借りていた又吉 学です。

着衣に被害者の血痕が付着していたことが決め手となり、死刑判決を下されました。

そして10年後、刑が執行されます。

鷹野の恋人だった雨宮 久美子は、又吉が冤罪だったのではと独自に事件を調査していました。

しかしその矢先、何者かに殺害されてしまいます。鷹野は、四方田殺害事件の真犯人に気付いた久美子は口封じのために殺されたと考え、事件を追い続けていました。

そしてついに、「キムラヒデユキ」を見つけ出します。

愛するものを奪った相手に1人の「人間」として復讐するのか?それとも人を救う「弁護士」としての在り方をまっとうするのか?

鷹野の「正義」が問われる最終話です。

 

「正義の天秤」ドラマと原作の差異・考察

 

①桐生の性別

原作では、芽依がルーム1で唯一の女性弁護士です。華を持たせるための性別変更と考えられます。

 

②西園寺清隆というドラマオリジナルキャラクター

原作では、内部でルーム1と対立する存在がいないため(何かとちょっかいを出す人物はいますが)、法定外でのストーリーを盛り上げるための配役でしょうか?

演じる竹中直人さんも「ちょっといやな感じのオヤジ」と語っており、鷹野とのバトルが見ものですね!

 

③雨宮久美子の生死

ドラマと原作のもっとも大きな違いは、鷹野が弁護士になるきっかけとなった女性弁護士・雨宮久美子です。

何者かに襲われたという点では共通しているものの、ドラマでは、意識はあるが自らの意思で動いたり話したりすることが出来ない状態です。

一方、原作では15年前にすでに亡くなっています。

鷹野にとって久美子の死は大きなターニングポイントになっており、彼女の命を奪った真犯人の残虐性を強調する要因にもなっています。

「アイギスの盾」での復讐に燃える鷹野は、仲間の弁護士たちから見ても異常です。

そんな彼の抑止力になれるのは唯一、久美子だけ。恐らく終盤で容態が回復し、復讐に捉われた彼を救うのではないでしょうか?

 

「正義の天秤」まとめ

主人公の高野を演じるのは亀梨和也さん。

共演者は、奈緒さん、北山宏光さん、竹中直人さん、大島優子さん、萩原聖人さん。

原作では、大島優子さん演じる久美子は死んでいますが、ドラマでは動けないながらも生きています。

原作とどう違うのかも楽しみながら観てはいかがでしょう!

コメント

  1. […] 【放送前考察】亀梨和也主演NHKドラマ「正義の天秤」原作との違いなど 【第1話】亀梨和也NHKドラマ初主演・正義の天秤ネタバレ考察。鬼滅の刃・劇場版無限列車編と視聴率勝負の行方は? […]

タイトルとURLをコピーしました